JPEGイメージ-C67EF98429A4-1.jpeg

唐津 絵三子

ハワイ州政府認定マッサージセラピストが、
癒しの島ハワイからのアロマとロミロミの両方による
リラクゼーションをお客様と共有できるセラピストを育てます。

ストーリー

ハワイ州政府認定マッサージセラピスト
福岡市出身

富士通およびソフトウェア会社にてソフトウェアエンジニアとして開発や会計業務を担当。
 


サッカー少年の息子の成長痛や疲労の解消、肉離れや骨折の防止などの体のケアのために、アロマ、リフレクソロジー、リンパマッサージ、タイマッサージなどを学び実践したあと、ロミロミに辿り着き、その素晴らしさを実感する。
 


1997年、アロマセラピストおよびロミロミセラピストとして独立。以来、豊富な経験を積む。(東京で開業したサロンや複数の契約サロンでアロマロミロミセラピストとして活動。また産婦人科医院とマタニティアロマセラピストとして契約し活動)。
 


その後、ハワイへ拠点を移し、改めて複数のロミロミの師から指導を受けるとともに、ハワイ州政府規定の580時間以上の解剖学等の学習と、200人以上のセラピー実務をこなしたあと、ハワイ州政府資格試験に合格、ハワイ州政府認定マッサージセラピストライセンスを取得(ライセンス番号:MAT-11752)。
日本とハワイで豊富な経験を蓄積しながら、ヨーロッパから発達してきたアロマの知識や技術をハワイの花木のアロマオイルで活かし、ハワイ伝統のロミロミと組み合わせた、独自の「ハワイアンアロマロミロミ」(当社登録商標)を考案。
 


さらに日本人のお客様の体格や健康状態や好みに適したセラピー手法、および比較的体が小さく体力もあまりない日本人セラピストが自分自身の体を痛めず疲れずに楽しく長く仕事を続けられるようなセラピー手法を考案、豊富なノウハウを蓄積。たくさんのお客様の喜びを励みに、「ハワイアンアロマロミロミ」による健康と癒しをもっと多くの人たちに広めたいとセラピスト育成の活動を開始。
 


2010年7月 株式会社ロミエミジャパンを設立し代表に就任。
現在、ハワイと日本を行き来しながら、自らセラピー実務を継続するとともに、本や雑誌の執筆、テレビやラジオ出演、ハワイ・東京・名古屋・福岡・鹿児島・那覇・石垣島などでのセミナー講師、専門学校講師、スクール講習、イベントなどを通じて、「ハワイアンアロマロミロミ」の普及活動やセラピスト育成継続中。

 


またハワイのメーカーと直接話し合い、新しいハワイアンアロマオイルを企画・共同開発。
さらに、女性のホルモンバランスの乱れによる不調が多く聞かれるようになったため、看護師や薬剤師、介護士を中核メンバーとするロミエミレディースヘルスケアチームを結成し、女性の心身を守る活動も開始。